可能?不可能?目立たず歯を治療する方法とは

誰にも知られず歯の矯正は可能?

矯正といえば、歯列に金属を取り付けるマルチブラケットが1番良く知られています。しかしこの方法だと、笑うのは勿論、会話をするだけでも相手に装具が見えてしまい、恥ずかしい、と言う思いを持つ方もいらっしゃいます。昨今ではそれらを解決するために、歯の裏側に装着する裏側矯正や、マウスピースを活用した方法もあります。マウスピース矯正に使用される矯正具は薄く、高い透明度を持ち、食事や歯磨きの時には取り外しも可能です。他人に見られても目立たない画期的な矯正具となっています。

目立たない歯に変える事は出来る?

歯科で虫歯の治療を受けると、大きく広がっているような場合には、銀の被せ物を装着します。所謂「銀歯」ですね。奥歯の場合は殆どがこの詰め物であり、時には根となる元の歯だけを残して、覆い被せてしまう場合もあります。しかし、口腔衛生の高まりと共に、見た目にも良い物を求める人が増えています。銀歯を外し、前歯やその付近に利用されるような白い詰め物に変える事も可能なので、かかり付けの歯科医院がある場合には、そこの医師と相談して見るのが良いでしょう。

治療をする場合にはよく説明を受けましょう

銀歯を目立たない物に変えて貰う、と言うのは可能ですが、実はこの場合、保険適用外になります。たとえ小さな物であっても保険が適用されないと、数万円と言う価格になり、歯を覆っているようなタイプだと10万円を超えてしまう値段になります。また、値段の他にも強度の問題があります。奥歯は1番負荷のかかる場所ですが、白い詰め物では強度が足りず、すぐに割れてしまいます。治療したのが昔だった場合には、虫歯が広がっている可能性も高く、別途治療費もかかります。詰め物の取替えを検討する際には、歯科医師とよく話し合いをして、最適な方法を見つけましょう。

オールセラミックは長期間変色がしにくく、自分の歯のように取り扱えるのでメンテナンスなどの負担も少なくて済みます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.